くるくる猫の目

金融マーケットや世界経済に関わるニュースの中で、私的に気になる話題を取り上げています。
あと、 時々ねこの話も。

次は欧州でコナンドラム? 

ユーロ


円をドルに換える際のヘッジコストが大きく上昇しています。

今月19日付のブルンバーグ記事によると、3か月物の為替ヘッジコストは2.09%と、リーマンショック時以来の水準にまで上昇してきました。

https://www.bloomberg.com/news/articles/2018-01-17/japanese-go-bond-shopping-in-europe-as-treasuries-get-costlier

 

米国10年債の現在の金利は2.65%(1月21現在。以下、国債利回りについては同じ)。
しかしヘッジコストを勘案すると、米国10年債の運用利回りは0.56%となります。
為替リスクを避けるなら、日本の投資家にとっては実はそれほど魅力的とは言えないのです。
実際、12日に財務省が発表した対外証券情報によると、昨年11月の対米国債投資(中長期)は1兆円を超える売り越しとなっていました。売り越しは2か月連続です。
 
一方で、買い越しとなったのはユーロ圏の国債。
こちらは3か月連続の買い越しです。

続きを読む

ドル建て中短期債に新たな上昇圧力? 債券の大口投資家だったアップルが売り手側に?

りんご


昨年来、ドル建て中短期債の金利上昇ペースが速まっています。

米国経済が堅調で、FRBが金融引締め路線を続けていることが背景にあります。

しかも昨年末、米国では30年ぶりの大型減税が決まりました。
これによって景気が過熱しかねないとの見方も、金利上昇に一層の拍車をかけていると見られます。


しかし実はそれ以外にも、この大型減税にはドル建て中短期債にとってのネガティブ材料が含まれていました。

それは、レパトリ減税です。

続きを読む

メリル調査、機関投資家は株価のピークを来年以降と予想

バンクオブアメリカ(バンカメ)・メリルリンチが16日に発表した1月の機関投資家調査(調査期間 5~11日)では、世界の大手投資家が改めて株式に強気になっている様子が浮き彫りになりました。

前回12月の調査では、株価のピークを今年半ばと見る回答が最多でした。
また、株価を割高と回答した比率も過去最高水準となっていました。
続きを読む
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
運営者情報
北垣愛

キャッツアイ・
マネー・アドバイザーズ代表 
兼 ミク(3歳♂猫)の秘書

証券アナリスト、ファイナンシャルプランナー1級、宅建等の資格保有
国内外の金融機関でマーケットに関わる仕事に長らく従事、
現在は資産運用のコンサルタントを行いながら、マーケットに関する情報を発信中



(お問い合わせはこちらまで)
ミクのインスタグラム・アカウント