くるくる猫の目

金融マーケットや世界経済に関わるニュースの中で、私的に気になる話題を取り上げています。
あと、 時々ねこの話も。

親が認知症に! そんなとき、親が持っている株はどうしたらいいの?

小銭と貯金箱

NISA
IDECOなどといった投資を促す国の施策もあって、若年層の積立投資などが徐々に広がりを見せているようです。とはいえ、株などの有価証券を多く保有しているのは、まだ60歳代や70歳代といった年代が中心です。そして、年齢を重ねるとともに認知症の発症リスクが高まるという、残念な事実があります。このままの状況が続けば、今後株の保有者が認知症患者であるというケースも増えてくるでしょう。

「自分の親が急に認知症になってしまった。」
「そういえば、株取引をしているような話を聞いたことがある。」
そんな時、子供としてはどう対処すればいいのでしょうか?

続きを読む

今年は戌(いぬ)年! ところで、マーケットの『いぬ』と言えば?

いぬ

空前の猫ブームに若干押され気味に見える犬ですが、ペットとしての人気はもちろん犬だって負けていません。インスタグラムで投稿につけられるハッシュタグでも、「CAT」よりも「DOG」の方が、また「CATSTAGRAM」よりも、「DOGSTAGRAM」のほうが多いのです。そして当然、今年は戌年! 前回はマーケット(金融市場)の「ねこ」を探しましたが、今回は「いぬ=DOG」を見てみたいと思います。

続きを読む

インドで長期金利の上昇に歯止めかからず   インドはどうする? 日本ならどうする?

インド


インドの長期金利が急ピッチで上昇を続けています。
昨年8月ごろには6.5%程度だった10年国債の利回りは、先週末には7.67%程度にまで上昇しました。本日現在も7.63%と高止まりしています。
背景には、中央銀行の利上げ懸念と財政赤字の拡大があります。
しかし足元の上昇の速さには、主要投資家であるインドの国内銀行の、不買運動に似た姿勢も影響していると見られます。


続きを読む
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
運営者情報
北垣愛

キャッツアイ・
マネー・アドバイザーズ代表 
兼 ミク(3歳♂猫)の秘書

証券アナリスト、ファイナンシャルプランナー1級、宅建等の資格保有
国内外の金融機関でマーケットに関わる仕事に長らく従事、
現在は資産運用のコンサルタントを行いながら、マーケットに関する情報を発信中



(お問い合わせはこちらまで)
ミクのインスタグラム・アカウント