くるくる猫の目

金融マーケットや世界経済に関わるニュースの中で、私的に気になる話題を取り上げています。
あと、 時々ねこの話も。

2018年02月

株価急落にVIX犯人説! 今後もVIX上昇には要注意。

犯人


世界の株式市場が5日、激しく下落しました。米国ダウの下げ幅はリーマンショック以来最大となり、日経平均も一時1600円超下げるなど、世界に激震が走りました。

しかしファンダメンタルで見ると、世界の経済は未だ堅調であり、それを受けて企業業績も伸びています。このため市場では、まだもう少し余震はありそうなものの、この下げた局面は買い場であるとの見方が多いようです。実際、私も押し目買いをしたいと思っている派です。

ただ、その余震がかなり大きなものになるのではないかと危惧させる材料もあります。

それは、「恐怖指数」とも呼ばれるVIX指数です。

続きを読む

猫の動画で仕事に支障? 気が散る要因もポジティブなら生産性向上に。

IMG_1494


ブルンバーグニュースに、
「マイクロソフトが認める ― 猫の動画で仕事に支障 (原題 “Microsoft Says It's True: Cat Videos Distract Workers")」

という、自分自身にも身に覚えのあるショッキングな見出しを見つけました。

続きを読む

行きつ戻りつしながらも、海外資金を取り込んでいく中国の資本市場

パンダ


2月1日付のブルンバーグニュースに、中国の国内債券市場に海外投資家からの資金流入が増えているという記事が出ていました。


中国の債券市場は世界3番目の規模であるものの、これまでは海外からの投資は非常に限定的でした。

資本規制や当局の恣意的な為替操作に加え、企業活動から司法まで党が実質的に絶対的権限を持つ社会構造を、投資家が懸念していたためです。

しかし記事によると、2017年には約550億ドル相当の海外資金が同市場に流入したと言います。

続きを読む
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
運営者情報
北垣愛

キャッツアイ・
マネー・アドバイザーズ代表 
兼 ミク(3歳♂猫)の秘書

証券アナリスト、ファイナンシャルプランナー1級、宅建等の資格保有
国内外の金融機関でマーケットに関わる仕事に長らく従事、
現在は資産運用のコンサルタントを行いながら、マーケットに関する情報を発信中



(お問い合わせはこちらまで)
ミクのインスタグラム・アカウント