カレンダー


今日3月1日は、春が近づいたことを感じさせてくれるような暖かい1日となりました。

しかし残念ながら株式相場の方は、日経平均株価で―1.56%、TOPIXでは―1.59%と、続落となりました。
今日の下げについては、昨日の米国株式市場も下がっていたので、それほど意外ではありません。
ただ、「1日」なのに下がったというのは、若干目を引きます。

というのも、月初に日経平均が下がるのは、なんと21か月ぶりなのです。

2016年6月1日に1.6%安となって以降は、先月までずっと月の最初の営業日は株価が上昇していました。
実際これは株式市場の参加者の間でも、「アノマリー」(理論的には説明できない経験則)であるとして注目されています。
アノマリーと言われるだけに確固とした理由は挙げにくいのですが、私は個人投資家の積立投資も影響しているのではないかと思っています。


2月25日付の日経新聞の記事によると、証券会社を通じて投資信託に毎月積立投資をしている人は、設定日を1日(月初日)にしているケースが圧倒的に多いのだといいます。

理由としては恐らく、入金を忘れにくいことや、ただ何となく切りが良いから、といった単純なものであると想像されます。
しかし理由は単純であったとしても、記事が挙げる松井証券の例では、「1日」の設定が100だとすると、2位の「月末」は75、3位の10日は62と、「1日」の多さは突出しています(月末と10日が次いで多いのも、切りの良さが理由であることを示唆しているように思います)。
国内の上場株式等の一日当たりの平均売買代金は大体3兆円程度なので、個人の積立投資だけで相場を動かすことはもちろんできません。
しかし、為替などの他市場の動きも、或いは相場ムードも、何も関係なく淡々と買いに回る投資家層の存在は、「月初高」のアノマリーの一つの理由にはなっていると思います。


この「積立投資」ですが、以前にもその効果について書きました。
積み立て投資を簡単に言うと、毎月同じタイミングで、同じ商品を、同じ金額だけ買い付けていく、というものです。
同じ金額だけ買うため、買う商品の価格が下がっているときにはたくさん買えますし、一方で価格が上がっていれば少なめの金額しか購入できません。
つまり、極端な高値掴みや、下がった局面での買い逃しを避けることができるので、特に投資初心者にお薦めの投資法とされます。
またこの方法により、平均購入価格は毎月定量買う場合よりも低く抑える効果が期待できます(「ドルコスト平均法」と呼ばれます)。

ただデメリットも無いわけではないため、前回の記事では積立投資において重要な点として以下の二つを挙げました。

・実績があるものや、長期的に成長が見込まれる運用商品を選ぶこと
・長期の運用を心がけること


そして今回は、これにもう一つ付け加えたいと思います。

・設定する買付日は「切りの悪い」日を選ぶこと


今回は当たらなかったアノマリーですが、敢えて高値日になる可能性のある日を選ぶ必要はないと思います。
資金管理が多少面倒になるかもしれませんが、少しでも効率の良い積立投資を行ってほしいと思います。

 
Sponsored Links