くるくる猫の目

金融マーケットや世界経済に関わるニュースの中で、私的に気になる話題を取り上げています。
あと、 時々ねこの話も。

身近なおかねの話

若い人にこそ、年金を未払いにしてほしくないわけ

年金


世の中がコロナ禍で大変なことになっています。
皆それぞれに苦しい事情が今回生まれていると思いますが、中でもやはり厳しいのは、もともと経済的に苦しい状態にあった人だと指摘されています。
その中には、学費や生活費をアルバイトでなんとかやりくりしていた学生や、貯蓄も収入も少ない若いフリーランスの人なども含まれると思います。


続きを読む

株で負けないためには、世の中の価値観の変化にも目配りを

value


最近は、インデックス投資が流行です。
インデックス連動の投信やETFは、アクティブ投信に比べて手数料が圧倒的に安いというのが主な理由です。
また、継続的にインデックスに勝っているアクティブ投信は非常に少ない、という定説も、インデックス投資の人気を後押ししています。

確かに、インデックス投資は手軽であり、低い手数料は運用上非常に有利です。
ただし、いつまでもインデックス投資が有利とは限らないかもしれません。続きを読む

日本の年金は、世界37か国中で31位。持続性にやはり難あり。

年金


米コンサルティング会社マーサーが10月、2019年度の「グローバル年金ランキング」を発表しました。
その中で同社は、
世界の人口のほぼ3分の2をカバーする37か国・地域の年金を検証し、ランキング付けを行いました。
「老後2000万円問題」で不安視されている日本の年金のランキングは、31位。グレードでも、
7段階のうち、下から2番目の「D」グレードという低い評価となりました。



これについて、ファイナンシャル・フィールドで詳細な記事を書いております。
よろしければ、こちらをご覧ください。


続きを読む

為替相場を考えるうえで、一つの判断基準となるのは?肌感覚の割高感・割安感

ハンバーガー


足元では多少の膠着感が漂い、それが逆に不気味に思える為替相場。
英国の合意なき離脱や日米FTA交渉のスタート、米国政府の利下げ圧力強化など、いったん動き出すと相場に大きなうねりを起こしかねない材料は多いため、なおさら居心地悪く感じます。
それでも為替相場が動いていないのは、こうした様々なファクターが重なり合うと、最終的にどのような影響が出るのかマーケットが測りかねているのかもしれません。

実際、中長期的な為替相場の行方を占うのは難しく、専門家と言われる人たちですら予想を外すことが多くあります。個人投資家にとってはなおさらに思われます。

しかし、個人投資家にも利用できる為替の判断基準があります。
それは肌感覚の割高感・割安感です。


(これに関するより詳細な記事を、ファイナンシャル・フィールドに掲載しております。
よろしければ、こちらをご覧ください。)続きを読む

安全なはずの預金にも怖いリスク - 預金保険制度の内容を再確認

預け先


地方銀行の経営悪化が深刻です。
低金利が長引いて利ざやが稼げないうえ、その苦境を埋めるために力を入れていた外貨証券運用でも多くが損失を出す結果となっています。
金融庁が2018年9月に発表した金融リポートによれば、全地銀の約半数が2018年3月期までに2期以上の赤字となったとされます。その後の2018年4-9月期決算でも、上場地銀80社のうち49社において、実質業務純益が減益または赤字となりました。しかもそうした銀行の数は、年々増えている状況です。

スルガ銀行が不動産融資にからむ不正で土壇場に追い込まれていますが、背景には普通にしていては地方銀行が稼げない市場環境が存在しています。不正とまではいかなくても、切羽詰まっている地方銀行は他にも多くあると見られます。

「廃業という選択肢もある」として、中小の経営難の銀行への対応を金融庁が模索しているという1月14日付の日本経済新聞の記事は、まさに現在が非常事態に近いことを感じさせました。


そうした中、今後の万が一の銀行破綻のシナリオに備え、預金保険制度の内容を確認しておくことも無駄ではないと思われます。それについてまとめたものを、ファイナンシャル・フィールドに掲載しております。宜しければ、こちらでご確認ください。
続きを読む
読者登録
LINE読者登録QRコード
運営者情報
北垣愛

キャッツアイ・
マネー・アドバイザーズ代表 
兼 ミク(3歳♂猫)の秘書

証券アナリスト、ファイナンシャルプランナー1級、宅建等の資格保有
国内外の金融機関でマーケットに関わる仕事に長らく従事、
現在は資産運用のコンサルタントを行いながら、マーケットに関する情報を発信中



(お問い合わせはこちらまで)
ミクのインスタグラム・アカウント