2018年は、主要国の金融政策が特に注目される年になりそうです。

米国は、今年3回以上の利上げを行うのか?

ECBは量的緩和をいつ完全にストップするのか?

日銀は年内に長期金利の誘導目標を引き上げるのか?

などなど。

世界的に債務が膨張しており、また様々な資産価格が高スピードで上昇しているため、各国の中銀はお互いに与える影響も考慮しながら、慎重かつ丁寧な政策運営が求められています。

 

ただ、世界的に大きな影響を生み出しかねない金融調整を目下行っているのは日米欧だけではありません。

中国も昨年来、かなり厳しい金融引き締めを行っています。

人民元1


続きを読む